不動産担保ローンは低金利なので返済も楽!

ファクタリングは手数料が差し引かれる

ファクタリングの場合は、借金ではなく売掛金の債権を譲渡する形になるので急な用立てのときなど便利な資金調達法だと感じ2社間取り引きではありましたが、2回ほど利用しました。
ただ、ファクタリングの2社間取り引きは即日現金化ができる反面、手数料が差し引かれた金額で入金されるため本来の売掛金の金額よりも下がってしまう。
このような理由から2度利用したけれども3回目はないだろうと考えると同時に、他の資金調達法について調べてみたのです。
ある程度高額な融資が可能で、金利は金融機関並みの低金利、このような条件に合うものはないだろうか、できれば事業計画書などのような書類を作成することなく借入ができるものはないだろうか、探した結果見つけたのが不動産担保ローンだったのです。
ノンバンクのローンは担保が不要だったので良かったのですが、不動産担保ローンは文字通り不動産を担保にする関係から高額な融資が可能になること、そして融資先の第一と考えていた銀行がローン商品を用意しているので金利面においても低く、これなら利用できるのではないかと感じました。

金融機関からの融資が期待できない場合でも、ファクタリングを上手に活用すれば、資金繰りの行き詰まりを、凌げます。
ファクタリングは借入ではありません。
会社のピンチを切り抜ける有効策として、ファクタリングの活用を考えてみてはいかがでしょうか。
https://t.co/PGF2dWCT6V

— business-funds (@businessfunds3) May 21, 2021

銀行の融資以外で資金繰りの方法はファクタリングは手数料が差し引かれる不動産が担保だから余裕資金も含めて借入できた

不動産担保ローン | 借入条件不動産担保ローン